読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己顕示欲の開放治療所

erg, programming and something.

別名:Laughing and Grief 雑記

Latin and Greekは習ったこともない

真面目な記事の他、特定の方には不快と思われる事柄に関して言及を行うことがあります。ちょっと頑張りますが、Blog内で解決できなかった場合要望があれば別ページに技術記事は書き直します

僕のPyConJP2014 一日目ツアー

明日は参加できないので二日目は書きません。


Opening


CH01 Opening~Keynote: Kenneth Reitz - YouTube

僕が受け取った情報をざっくりメモします(正誤に関しては多少ご容赦ください),イントロとして

  1. くさび型文字などに始まる言語の歴史、互いのアイデアを伝え合う手段の発達
  2. 印刷機に始まる1対多のコミュニケーション、そこから生まれる"public"の概念、思想の分離、対抗など
  3. Internetの登場、多対多の時代、Pythonという言語と僕達

4方向(self,others, time, space)へのコミュニケーションの発展 その思想(Zen of Pythonに代表される)はとてもユニークだ. Pythonという言語が脅かされるのは世界の危機といってもいい.

何に脅かされているのか? --- Python2とPython3の間にあいた溝のお話. (PyConJP2014OP会場ではPython2使うという人がが7割ほどだった). Python3はPython(2)と別言語と言ってもいい. Flaskの作者なら, Unicodeの導入がどれだけPythonを破壊したかを語ってくれるだろう. 3系の標準ライブラリにはまだ満足に動作しないものもある. この原因の一つに"Python3のユーザがそもそも数として多くないから整備が遅れているのだ"ということがある. Cheeseshopでの2系と3系のダウンロード比率を見ても, 圧倒的に2のユーザが未だ多いのがわかる. これは以前からのPythonistaが2を使い続け, 3を主として使う層が新規のPythonistaだという要素が挙げられる. ここで, コミュニティの古と新の分断が発生した. そして、数あるプログラムのメンテナは2系と3系を両方サポートしなければならないという苦行に曝されることになった. しかし,この状況を打破できるのもまたPython2ユーザであるあなた達だ. 2.8は出ないことが決定しているし, 3を使っていって,様々な意見を出し, これからのPythonに貢献してほしい.


その後の質問タイムでは「3を使ってくれというが, 3の良いところってどんなところだ」と訊かれて「何もない」と答えるというまさかの3disが. 一応「よいところもあって, 2にバックポーツもしたりしている」といったフォローもあったがまあ、ねぇ? Perl5と6のように「完全に別言語」という扱いにするわけにはいかないのかという問いもありましたね. 移行の呼びかけの失敗や, 皆が2と3両方で動くプログラムを書くことが定着してしまったということを言っていました. 長期にわたって仕様を変更しない(=安定している)ことが言語の標準化に重要なのでは? という質問にはCommunityとOfficialの間のコミュニケーションがクリアでないから,標準化に際してどこをどうしようという議論が不十分なのだという答え. Rubyに関しては「その開発背景、文化が違う」と言っていました.その新バージョンリリースに対するOfficial, Communityの姿勢がPythonの文化とは違うのだ ,と. (これは確かに、と感じました.) ただ, その異文化から学ぶべきものもあるのかもしれない,と.


まあ,「Python2からのユーザ, 新規のユーザともに3を使ってコミュニティとしての意見をもっと拡充してくれ」といったところに落ち着いたんですかね?


見たとこツアー

Djangoによるスマホアプリバックエンドの実装

Djangoによるスマホアプリバックエンドの実装

The esperanto generator

MH02 The esperanto generator (ja) - YouTube

Effective numerical computation in Numpy and Scipy (en)

MH04 Effective numerical computation in Numpy and Scipy (en) - YouTube

Pelicanによる静的ウェブサイトの構築 - www.python.jp サイトの仕組みと構造 (ja)

CR06 Pelicanによる静的ウェブサイトの構築 - www.python.jp サイトの仕組みと構造 (ja) - YouTube

Pythonの実装系総ざらい

http://www.slideshare.net/masahitojp/pyconjp2014:tite

pyston

Pyconsg2014 pyston



その他気になってたところ

Djangoアプリケーションチューニング

Pycon2014 django performance

Micro Python で組み込み Python

Micro Python で組み込み Python